アーリーチェックインがすごく増えたので、「プチアーリー」を試行中です

こんにちは!オーナーの南畑です。

ようやく気持ちのいい青空と太陽が見えて、夏到来!という天気になってきましたね。しかし、暑い。

キャンプのお客様もどんどん増えるのですが、運営的な悩みをこちらに書かせていただきます。

リゾート大島では、前日のお客様がチェックアウトされた後であれば、アーリーチェックインができます。コテージの場合は、さらに清掃があるので、そこからしばらくかかります。

以前は宿泊料金の20%とか、少し計算が厄介な設定だったので、アーリーチェックインの料金を2年ほど前に「キャンプ1000円、コテージなど2000円」と決めました。そのシンプルさが利用しやすいためか、アーリーチェックインをされる方がだんだん増えてきました。

通常のチェックインは14時からなので、それより早くチェックインされたい方にはアーリーチェックインをおすすめしています。

アーリーチェックインの料金を聞いて、そのサービスを利用される方と利用されない方がいらっしゃいます。それ自体は、何にも問題ありません。

アーリーチェックインの代金の説明をした後に「30分くらい早めに入らせろ」と仰る方が、中にはいらっしゃいます。「15分くらい」「5分くらい」と仰る方もいます。駐車場で時間を潰されて、14時ぴったりにいらっしゃり「14時からだったわよね」と普通にチェックインされる方もいらっしゃいます。

運営する側としては「5分くらい」の気持ちも分かるんです。「30分くらい」の気持ちも結構分かるんです。余裕を持って行動する習慣のある方で、予定時間よりも前に着いてしまった。自分も旅行をするときは、よくそういうことになります。

でも1時間前にお越しになられて、説明を聞いて「1000円だったら払うよ」とアーリーチェックインされた方と「14時からだったわよね」と何も言わずに待っていた方が、どことなく損をしたような気持ちになってしまう運営をしたくない、という思いが僕は強いです。

そこで試行しているのが「プチアーリー」というシステムです。 ※突然やめるかもしれません。

「プチアーリー」は30分前、つまり13時半からは300円払えば14時を待たずにチェックインできるシステムです。

スタッフの昼休憩を回したり(人は機械ではないです)、コテージの掃除に時間の余裕を持たせたりを考えると(急ぎすぎると雑になります)、実はしっかり14時から開始したいのですが、掃除が終わっているなら少しでも早く入りたいお客様のお気持ちにも応えたい。

それに今のシステムだと14時の受付がすごく混みます。混むとお客様にとっても従業員にとってもストレスになるので、それは僕らも避けたい。

どうしても説明が長くなってしまうのですが、考えて考えて、とりあえず試しているのが「プチアーリー」のシステムです。

駐車場20台分あまりが埋まると唯一の出入り口が混乱するので、繁忙期のある日に、駐車場の様子を見て10分前にチェックインを始めました。そのときにお客様から「14時からじゃなかったの!?」と大変お怒りのクレームをいただきました。そのお怒りはもっともで、待っていたのに、言われた通りにしていたのに、5分前に入ろうとした人の後ろで順番を待たなければいけない。そのお怒り、すごくよくわかります。

そんな風にお客様を怒らせてしまうのは、僕たちにとってもすごく不本意なことです。

「え、10分前に入るだけで追加料金?」とか思いますよね。そうなんですよ。僕も思います。このシステム、パッと見だと何が目的かよく分からないんです。「1000円と無料の間をとっている」と言われても、皆さんこのシステムを事前に知らなければ、1000円払うかどうかで迷うタイミングはないんですよね。

なので、不評だったら明日にでもやめます。

みんなが気持ちよく使えるキャンプ場にしたいんですが、ずっと試行錯誤しています。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク