感染防止のため、休業とさせていただきます。(5/7改正しました)

皆さん、いつもご愛顧、本当にありがとうございます。
代表の南畑と申します。

ACN南紀串本リゾート大島は、コロナウィルス感染拡大防止のため、本日4/6より5/15まで休業とさせていただきます。

こんな状況の中だからこそアウトドアでのレジャーを楽しみにしてくださっていた方もいると思います。
日頃よりいつもの予定に組み込んでいただいていたお客様、今年こそ来たいと思っていただいていたお客様もいらっしゃったことと思います。

既に事前にご予約いただいていたお客様も含め、ご来場を断ることになってしまったこと、誠に申し訳なく思います。

5/21以降の営業については、近隣府県、主に大阪府と和歌山県の感染拡大状況で判断いたします。再開の目処が立たないため、一旦新規の予約はすべて停止させていただきます。

 

当然ながら先行きの分からない休業により、私たちにとっても、倒産の危機にあります。

父から私が会社の経営を継いで5年余り。このような事態が現実に起こるとは、全く想像していませんでした。

 

ですが、こんな時こそ、本来のあるべき姿を顧みる必要があると感じています。

会社の使命は、継続、スタッフの身の安全と幸せ、お客様の安全と満足、地域社会への貢献。

普段の自分は立派な人間ではないですが、経営者として判断することは、そんな判断をしなくてはいけない、とこれまでも自分を鼓舞してきました。

今回の判断は、そういう本来あるべき姿を念頭にしました。

 

今、コロナウィルスの脅威は、確実に日本全体や地域社会の中に、音も姿もなく浸透しています。

大阪府や東京都での感染者が日増しに増えています。
これはある意味、現在の数字ではありません。2週間前の対策の結果が、昨日の数字となって現れています。

 

イタリアやアメリカでは3日ごとに、1日あたりの新しい感染者が2倍になりました。習慣の違いなどで、若干感染拡大のスピードに違いがあるのか、東京や大阪ではおよそ5日で倍になっています。

ゆっくりでも確実に悪化しています。

アメリカやイタリアの状況を見ていて、ウィルスそのものも恐ろしいですが、感染拡大の末の医療崩壊も本当に恐ろしいと感じています。医療が崩壊すれば、コロナウィルス以外の重篤患者の死亡率も上がります。

東京では、医療崩壊まで猶予はなくなっているように思います。大阪も、今すぐ行動を変えなければ、あっという間にイタリアやアメリカのようになるかもしれません。

今の状態では、これ以上スタッフに出勤を頼むことはできないし、地域社会のことを考えると他市町村からのお客様を受け入れることはできないと判断しました。

 

今の状況をどう考えるか、それほど逼迫していると考えるか、それぞれのご意見があるかと思いますが、国内や国外含め発表されている状況を踏まえ考えるとこの対応は致し方ないと感じております。

また、今想定される悪い予想がそのまま進まないことを願っています。

 

現在、しっかりとこの状況をしのぎ、再開後に、今まで以上に皆さんにとって必要としていただけるキャンプ場になるべく、資金繰りなどに取り組んでいます。

必ず復活します。

堅苦しく、真面目なことばかり書きましたが、まずは厳しい現状ととるべき行動を受け入れた上で、長期の自宅待機が余儀なくされる未曾有のこの状況を、楽しく明るく乗り切れたらと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

今は少しだけ、距離をとりましょう。

カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク