7日間で260kmを漕ぐ!瀬戸内カヤック横断隊に参加してきました

こんにちは!オーナーの南畑です。

先週は「瀬戸内カヤック横断隊」に参加してきました!

瀬戸内海の東側、小豆島からシーカヤックで出発し、浜辺でのキャンプをしながら7日間かけて瀬戸内海の西の端、山口県の祝島までの約260kmを漕ぐイベントです。

朝7時に出発し、日没の17時までに次の浜に上陸。テントを設営します。

1日に進む距離は30km〜50kmほど。

原則、無補給なので7日分の食料を船に積み込みます。

食料以外にも、着替えやテント、寝袋なども全てシーカヤック1艇の中にパッキングします。

毎年実施されていて、今回で16年目!私は初参加でした。

冒険家の原康司さんが2代目隊長を務めており、初代隊長は昨年4月にリゾート大島でカヤック講習をしてくださった内田正洋さん。

瀬戸内海は穏やかと思われがちですが、潮流の激しい箇所がいくつもあり、シーカヤックの航海術を磨くには絶好のフィールドです。とても勉強になりました。

日没後や日の出直後の時間帯も漕ぎました。夜は知識では知っていましたが、実際に漕いでみて、ヘッドライトだけではなく背面側のシグナルライトも必要だとよく分かりました。

カヤックから見る日の出は感動的でした。

途中で腰が痛んだりと長旅の中で障害もありましたが、一緒に参加した皆さんに助けていただき、おかげさまで全日程に参加でき、書ききれないほど実りのあった横断隊参加でした。

一緒に参加した皆さま、サポートしてくださった皆さま、本当にありがとうございました!

カテゴリー: スタッフブログ, ピックアップ記事 パーマリンク